離婚後の面接交渉権

スポンサーリンク

面接交渉権とは、子供と離れて暮らす親が子供と合い、ふれあう権利です。
離婚しても親子は親子ですから、特別な理由がない限り、
「あわせたくない」と拒否することはできません。

一方的に面接交渉権を制限することは出来ませんが、
場合によっては制限または拒否できることこあります。

子供に暴力江おふるう恐れがある場合、子供が嫌がっている場合、
支払い能力があるのに養育費を支払わない場合などです。
つまり、相手に会うことが子供にとってマイナスであるときです。
このような場合で、相手方が面接交渉の調停を申し立てたときは、
調停で拒否の理由を主張しましょう。

riverをフォローする
Facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

浮気・不倫調査など探偵調査なら西日本リサーチ

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

長崎の探偵調査なら西日本リサーチへ。

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

離婚問題
riverをフォローする
長崎007

コメント

タイトルとURLをコピーしました