どこからが浮気?

誰でも一度は疑問に思った事があるのではないでしょうか?
『どこからが“浮気”になるの?』

異性と食事にいったら...

2人で出掛けたら...

メールをやりとりしていたら...

キスをしていたら...

人によってさまざまな意見がありますよね。
そこで法律の観点かたみてみましょう。すると民法上では『浮気』というものははっきりと規定されていないことがわかります。つまり、あなたが夫に対して『女性と食事した』のは浮気だ!と訴えても、世間的には浮気といえるでしょうが、法的には慰謝料の請求などはできないのです。それは「キスをした」でも同様です。しかし法律では「性的行為の有無」が求められるので、浮気を理由に離婚などをお考えの方には相手の不貞行為(性的行為の有無)の証拠が必要になります。これはホテルの出入りなどが証拠としては一般的で、この部分が私たち探偵の仕事でもあります。

仲良く手をつないでいた

他の異性とキスをしていた

相手にプレゼントを贈っていた

といった事実だけでは相手を訴えることは難しいですが、当人に浮気を認めさせるだけなら十分ですね。個人によって『浮気』のライン・定義はバラバラです。「裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為」は性的な行為、肉体関係があったかどうかで判断します。

riverをフォローする
Facebook
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

浮気・不倫調査など探偵調査なら西日本リサーチ

探偵調査をお考えの方へ。まずは無料相談を

長崎の探偵調査なら西日本リサーチへ。

まずはお悩みやお困りごとを詳しくお聞かせください。
そのうえで、調査方法の検討および御見積を行います(無料)
完全予約制となりますのでまずはお電話にてご予約をお願いいたします。

浮気
riverをフォローする
長崎007

コメント

タイトルとURLをコピーしました